松阪市射和町 白子屋メールマガジン バックナンバーNO2 王朝文学の里・斎宮
バックナンバー 2号
【王朝文学の里・斎宮】

戻る

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  *** 白子屋 メールマガジン ***                
                     http://www.shirokoya.com/          
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第 2 号 ━━━┛
伊勢の國「松坂」は射和(いざわ)の和洋菓子・白子屋が発行するメールマガ ジンです。 このメールマガジンでは、白子屋の位置する射和を中心に、松阪、伊勢の国を 旅するコラムをメーンに構成されています。 さて、創刊第2号の今回は、櫛田川を少し下り、王朝文学の里・斎宮へ。 白子屋店主  白子 繁
■□-------------------------------------------------------------------
□  歳時記 斎宮
-------------------------------------------------------------------■□■
斎宮(さいくう)。そこは、飛鳥、奈良、平安から南北朝時代にかけてのおよ そ600年間、天皇に代わって伊勢神宮の祭祀を行うため、遣わされた皇女・斎 王が60余代にわたって暮らした宮殿のあったところ。  あたり一面の花、木々で彩られたのどかな風景、そして街や小学校。これら は、見渡す限りの遺跡の上にある現代の風景なのです。ここにはかつて斎王の 御所をはじめ、斎王に仕えた女官や官吏数百人が暮らしていた。あるじ斎王と、 「伊勢物語」の主役・在原業平の一夜の恋も交わされた場所です。想像しただ けで心はもう雅の世界へ旅をしてしまいそうです。
 
  http://www.shirokoya.com/saijiki.html

■□-------------------------------------------------------------------
□  射和羽書
-------------------------------------------------------------------■□■
羽書(はがき)とは、小口の紙幣のこと。大阪や京都、伊勢など人々の往来の 盛んなところではそれぞれに銀などと交換できる地域通貨として流通していま したが、伊勢白粉で蓄財した射和の商人もこれと同じように紙幣を発行してい たとか。射和商人の中でもトップの富山(とみやま)家が発行した富山札は全 国に流通したというから驚きます。 インターネットをご覧いただくと、「歳時記」をはじめ、「ようこそ射和へ」や 「歴史の散歩道」「射和の祭」で、白子屋のある射和について詳しくご紹介して います。

■□-------------------------------------------------------------------
□  相可
-------------------------------------------------------------------■□■
櫛田川をはさんで射和の対岸にある相可(おうか)は、伊勢参りの伊勢本街道 と熊野詣の熊野街道の出合う街で、江戸時代以降、宿場街としてにぎわいまし た。櫛田川の流れに沿う旧・伊勢本街道は、現在も昔の面影をとどめており、 旅籠や料理屋、蔵が建ち並んだ往時をしのばせます。相可は、櫛田川で獲れ た鮎でも知られる街でもあるのです。

  http://www.shirokoya.com/history.html

■□-------------------------------------------------------------------
□  編集後記
-------------------------------------------------------------------■□■
櫛田川という川は射和に富と文化、味もはぐくんだ川だったのですね。上流に ダムができ、青々とした独特の色が見られなくなったのは残念ですが。大切に したい川です。

☆―――――――――――――――――――――――――――――――――☆
※このメールの配送の中止をご希望される方は、こちらにアクセスしてい ただき、http://www.shirokoya.com/mail_maga.html
メールマガジン配信解除をお願いいたします。
☆―――――――――――――――――――――――――――――――――☆
                  株式会社 白子屋     
                 〒519-2145 三重県松阪市射和町566-4    
                 TEL 0598-29-2118 FAX 0598-29-2207  
                 URL   <http://www.shirokoya.com/> 
                 E-mail <info@shirokoya.com>



戻る